コネクトグループホールディングス(運営主体:株式会社結城事務所)では、2024年2月4日よりローカリスト支援制度を新たにスタートしました。地域の財産を守ることにコミットする『地財コーディネーター』として活動する方々を支援いたします。

 

リリース背景

3年前に過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法が発令されましたが、昨年4月の時点で、日本全国の市町村数1,718の半分を超える885市町村が過疎地域となっています。
コネクトグループホールディングスの経営理念は、地域産業と地域医療、その発展に寄与すること。私たちがそのために守るべきものは、知財ではなく『地財』、いわゆる地域の財産です。
地域の財産とは、地域の企業や病院、人、自然、農業、水産などの産業、その地域に住まうすべての存在です。私たちは地域への人口分散を進めるため、『地財』を守り、地域経済を活性化させて雇用と納税を生み出すことを目指しています。
また、近年起業して個人事業主として活動する人が増えています。しかしその中には、上手く利益を上げられずに困っている人も少なくありません。私たちは地域創生を目指しながら起業・独立していく専門家を支援するため、ローカリスト支援制度をスタートいたしました。

 

ローカリスト支援制度詳細

ローカリスト支援制度は、『地財』を守ることにコミットする『地財コーディネーター』として活動する方々を支援する体制を作るための制度です。
地財コーディネーターとして登録される方には、コネクトグループホールディングスより以下の支援をいたします。

・コンサルティングサポート付きフリースペース「ロカテラス」利用無料
・駐車場、指定のカフェ利用無制限
・Wi-Fi利用無料

 

登録料は一人当たり月額¥55,000(税込)ですが、周りにいらっしゃるお困りのお客様へコネクトグループホールディングスのサービスをご紹介いただいた場合には、紹介料をお支払いいたします。
詳細やご登録をご希望の方は、「ローカリスト支援制度」と明記の上、お問合せフォームよりご連絡ください。

>>お問合せフォームはこちら